工 期
2019年1月24日 ~ 2021年6月25日

CIMの取り組み

メガフォン

CIM(Construction Information Modeling )とは

実際の久慈大橋を最新のICT技術を活用することで、3Dモデル化します。
現地を確認しなくても、パソコンで久慈大橋の構造情報を共有することが可能となり計画、
設計、施工、管理の各段階において効率的で質の高い建設生産システムを構築できます。
CIMの取り組み 矢印 CIMの取り組み_3D

久慈大橋ではこのCIMを導入し、
このような場面で活用してます。

①

橋の構造は複雑なため、部材が干渉しないか心配・・・

CIMの3Dモデルによる干渉チェック

②

将来の維持管理作業性の向上

CIMを利用すれば、事前に排水管の構造が確認できます。
損傷の原因究明にも活用できます。

③

もしも地震が発生した場合、目的地までの導線を知りたい・・

CIMを利用すれば、事前に橋脚までの導線をチェックできます。
定期的に維持管理する必要がある橋は、CIMの活用が必須です。

CIMのタイムライナーを利用して、久慈大橋をナビゲートします。